N408(千葉230あ・408)


→除籍
←松戸営業所3408(野田200か・598)
型式:日野・ブルーリボン(PKG-KV234L2)
年式:H21年
松戸営業所は長らく三菱ふそう車を導入してきましたが、PKG-MP35からエンジンが日産ディーゼル製に変わったこと、尿素SCRを採用したためアドブルー補充施設が必要になること、大型ノンステップバスのラインナップを2007年5月に販売された日産ディーゼル・スペースランナーRAのOEM供給であるエアロスターSに統一してしまったことなどから、京成バスはPKG代の三菱ふそう製路線車の導入を見送り、代わりに日野のブルーリボン兇鯑各することとなりました。それがこの3408を含めた3401〜3414の14台です。
少数派になってしまった日野の14台は、LKG代から三菱ふそう車を導入し始めて以降徐々に置き換えられています。
この車は3339に置き換えられて2018年5月にやってきました。移籍前からラッピングを纏い、転属に際して「松戸警察署・市川警察署」が「千葉北警察署」に貼り替わっています。
2020年9月に除籍されました。PKG代の除籍はPKG代試作車であるE280(→千葉内陸バス1210)に次いで2台目、量産車では京成本体初です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます