N405(千葉22か36-74)

→ちばレインボーバス405(習志野200か・768)→かいづか文庫
型式:日野・ブルーリボン(U-HT2MMAA)
年式:H5年
長沼営業所に新製配置された400番台の若番です。
登場時は幕、側面帯上の会社名は「京成電鉄」でした。
H18年に移籍し、ほぼそのままの形態でスクールバスとして活躍した後、H26年にさつきが丘団地にある「かいづか文庫」として再利用されました。
現在も子供たちの憩いの場として土曜日の午後のみ開館しています。

木陰にたたずむN405


車内の写真撮影してもいいか尋ねたところ、快く許可していただき、後ろも開けてくださいました。



今はリアエンジンルームを掃除道具入れに使っているそうです。
車内はほぼそのまま、降車ボタンや注意喚起シールに至るまでたくさん残っていました。




こんなものまで!
最後にせっかくなので絵本の読み聞かせを聞いてから帰りました。久々に童心に帰った気分になりました。
かいづか文庫の皆様、本当にありがとうございました。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます